損をしない家の売り方

2014 年 12 月 2 日 コメントはありません

景気がよくない時代において、給料が上がらないといったことがあります。また、いつ業績不振で会社がつぶれるかわからない世の中です。実際に失業する人も多く、ローンの返済が遅れ気味となって払えなくなっているという人も見られます。

住宅ローンなどでは滞納すると、家や土地は担保であるため、放置していると裁判所によって競売にかけられ、家と土地を失ってしまいます。この場合、市場よりも安く処分されてしまうことから、住宅ローンが残ったままとなります。これでは、家や土地を失うだけでなく、借金まで残ってしまうので、悩みは増えてしまいことでしょう。そのようなことから、最近は、競売にかけられる前に任意売却を行なうことがすすめられています。

任意売却は、自分で売ることになるので、市場価格で処分することができます。これなら競売とは違って高く売ることができるようになるので、ローン残高もなくなり、売却によるお金も残ります。

任意売却サポートでは、有利に不動産の処分ができる任意売却の相談に乗っています。ここでは、滞納時から不動産の売却をサポートすることで、失敗しない方法によって効果的な処分を成功に導いてくれます。http://www.ninbai-support.jp/こちらからは、任意売却を成功させる任意売却サポートについて詳しく紹介しています。

任意売却をするためには順番がある

2014 年 11 月 22 日 コメントはありません

家の購入となると多くの人が住宅ローンを組んで購入します。住宅ローンは問題なく払い続けていくことができればいいのですが、状況が変わってしまい仕事が無くなってしまった、病気で働けなくなったなんてときには住宅ローンの支払が難しくなります。その時に住宅ローンが残っているにも関わらず不動産の売却を行うことが任意売却と言います。

基本的に住宅ローンの残っている不動産は売却できません。そのため住宅ローンを貸してくれている金融機関と話し合って不動産の売却を決めます。自分ひとりの判断で決めることは出来ませんので必ず話し合いが必要になります。任意売却ができるようになるためには条件がいくつかあり、ただ住宅ローンの支払が難しくなったというだけでは任意売却はできません。住宅ローンの滞納がない状態では任意売却することができないのです。

不動産のローンが残っている間は抵当権があります。この抵当権があると勝手に不動産の売却はできません。もしも任意売却を行うなら抵当権の解除が必要になります。任意売却を行うまでには細かい順番が決まっていてその順番を一つずつこなしていき任意売却に辿り着くことができます。任意売却を考えている人はやらないといけないことについて知っておきましょう。

中古マンションの情報ならカンタン検索のサイトへ

2014 年 5 月 23 日 コメントはありません

日本の主な都市には早くから開発がされており、マンションなどの住環境も整っています。新築分譲マンションも新たに建設がされていますが、中古マンションもその数は多く存在しています。その中古マンションを手がけているのが「三井住友トラスト不動産」です。公式サイトはこちらhttp://smtrc.jp/mansion/

三井住友信託銀行グループの三井住友トラスト不動産は全国の主な都市を対象として中古マンション情報を提供しています。中古マンションの検索や地域別の人気アクセスランキング情報やその特集など、中古マンションに関する情報をお届けしています。地域別での中古マンションアクセスランキングでは首都圏、中部、近畿、九州のエリアごとに集計したランキングをベスト10形式で表示しています。

その地域別のお得な特集も随時掲載中なのでお気に入りに登録しておくといつでも観ることができますよ。この他、地域・沿線からの検索もカンタンに行え便利です。また、気になるマンションに関する最新の動向レポートも掲載し、住宅市場の現状と今後の予測などをしています。

さらに,中古マンションを売りたい方のためにもラクラク1分で無料査定ができるページも設けているので「わが家はいくらで売れるのか?」といった大まかな相場が分かるようになっています。中古マンションの購入、販売なら三井住友信託銀行グループの三井住友トラスト不動産のサイトへぜひアクセスしてください!